State of school

10月17日(月)~21(金)

まちづくり協議会の皆さんが育てたジャンボカボチャを頂いて飾っています。明倫小学校では毎年「ジャンボカボチャ重さ当てコンテスト」を行い、このたび今年のコンテストの入賞者を発表しました。ちなみにジャンボカボチャの重さは19.4㎏で、ピタリ賞はありませんでした。

今日の給食の献立:ターメリックライス、牛乳、ほうれん草のグラタン、野菜とレンズ豆のスープ、ぶどうゼリー です。ほうれん草もホワイトソースもそれぞれおいしいですが、それが組み合わさって「グラタン」になると、素材の味を引き立て合って、どうしてこうもおいしくなるのでしょうか。グラタンは給食室のオーブンで焼いているので香ばしさも格別です。どうですか、食べたくなってきませんか。

5年生の算数「分数の計算」です。前の単元で「最小公倍数」を学び、分数の計算では分母を最小公倍数に置き換えて計算していきます。「通分」と呼ばれるこの作業は、日常の生活でに置き換えにくく、難しいのですが、5年生は集中力を高めて取り組んでいました。

「スポーツテスト2級」と聞いて懐かしく感じる方も多いのではないでしょうか。現在は「新体力テスト」という名前になり、児童の運動能力の傾向を知って指導に生かすためのツールとなっています。今日は1年生が立ち幅跳の記録をとっていました。6年後どのような向上につながるか楽しみです。

サツマイモの収穫の時期です。普段からご指導いただいている鈴木様、長田様ありがとうございます。1・2年生で芋掘りに出かけました。今年の芋は大きく良く実りました。子どもたちは歓声をあげながら収穫し、このサツマイモをどうしようか...、これから考えていく予定です。

3年生は体育の授業で「ベースボール型ゲーム」を行っています。小学校の体育ではいわゆる「球技」を「ゴール型」「ネット型」「ベースボール型」に分類し、簡易的なルールのゲームから徐々にスタートしていきます。3年生のゲームは攻撃側がボールを投げて、コーンに到達するのと、守備側が所定の位置(フラフープの輪)にボールを収めるのと、どちらが早いかで得点・アウトが決まります。問題が発生したらその場でルールを決めていく場合もあり、それもねらいの一つです。相手を尊重するスポーツ・パーソン・シップも学んでいきます。

6年生が総合的な学習の時間で取り組んでいる「ジュニアエコノミーカレッジ」の活動も進んでいます。この日は、出店計画を沼津信用金庫の方と小山町商工会の方に借入金を融資してもらえるようにプレゼンテーションをしました。結果は3店舗とも借り入れはできず、改善案を再度見て貰うことになりました。社会は厳しく、お金は大切だということを学んだようです。11月13日(日)の商工祭での出店・販売までより良い商品づくり・店づくりに取り組みます。