State of school

10月11日(火)~14日(金)

10月は後期のスタートです。全校集会で後期の児童会役員に辞令が伝達されました。後期は児童会の行事も多い時期ですが、活動を通して多くのことを学んでほしいと思います。

オープンスクールの参観、ありがとうございました。五時間目は3・4年生が北駿音楽会で歌う「虹」を体育館で発表しました。北駿音楽会は昨年、一昨年は感染症拡大防止の観点から実施が見送られ、今年三年ぶりに開催されます。北駿音楽会のステージに立つことのできなかった現5年生の思いも一緒に、10月21日(金)の当日は気持の良い合唱を発表してほしいと思います。

ふるさと金太郎博士手帳のポイントが60ポイントとなった5年生に銀バッジが贈られました。地域や町の行事、読書などに進んでチャレンジし、ふるさとである小山・明倫への理解と愛情を深めることをねらいとする事業です。100ポイントで「金」、150ポイントで「博士」、200ポイントで「名誉博士」の表彰を受けます。先日、町内の中学生が「博士」の表彰を受けたことが話題となりました。これからも多くの明倫子の参加・チャレンジを応援します。

「ダスキン」が主催する清掃教室「キレイのタネまき教室」を明倫小学校で開催しました。2年生から5年生までが、雑巾のしぼり方や座敷箒の使い方・しまい方、ちり取りの正しい使い方などを具体的に学びました。子供たちも改めて「そうなんだ…、」と感心することも多かったプログラムでした。日本では古くから、掃除は「清める」「もてなす」「感謝」といった精神性と結びついてきたと言われます。心を込めて掃除できるようになるといいですね。